月夜見山荘/おすくにのブログ

南アルプスの麓、日本で最も人口が少ない町・山梨県早川町に移住して20年。地域の人たちから教わってきた山の暮らしの知恵や技術を継承するために、山の暮らしの豊かさを分かち合うるオーベルジュ(宿泊施設のある飲食店)を2019年1月に開設。このブログでは、私たちの暮らしぶりや四季折々の山の恵みを紹介していきます。

山の幸を20種類を使った、本日のコース料理

本日のお泊まりのお客様にご提供したコース料理。
たまには料理屋らしい投稿もしないとね!

 

春と夏の山菜、野草の前菜

 

昨日釣ってきたイワナ

 

山菜と猪のお汁

 

子鹿のロースト


地元産雨畑紅茶と梅のゼリー

 

ということで、本日は夏の山菜や野草、春採って保存しておいた山菜、昨日釣ったイワナ、罠で獲ったジビエ(鹿や猪)など、20種類ほどの山の幸を使った料理となりました。(写真はありませんが、もちろん締めは自慢の手打ち蕎麦!)

夏の山菜採り

昨日の釣りの疲れを引き摺りながら、今日は身近な場所で山菜採り。

 

まずは、山荘周辺で蕨を。
大きくなった蕨の間から、健気に生える小さい蕨。
そしてそれを採る私…。

 

続いては、仲間(本流堂ラフティングさん)がやっている田んぼにお邪魔し、セリを採らせてもらう。

田んぼには合鴨が!
可愛いですねー。

 

最後はヤブカンゾウの蕾と花。
料理にも映えるカラーとフォルム。この時期になくてはならない食材です。

花は明日からのランチ営業で、天ぷらの一品となる予定です。

初めての沢でアマゴと戯れる

本日は猟の仲間に案内してもらい、初めての川へ。

 

朝4時すぎに集合して、1時間半ほど山を歩き入渓。

 

そこには幻想的な光景が!

 

桂の大木

 

栃の若木

 

流れの中に立つサワグルミ

 

もちろんアマゴもいい反応!

 

魚もきれい!

 

結局、明るいうちに戻ってくれる3時までめいいっぱい釣って帰ってきました。

とても疲れたけど、とても清々しい気分。
釣りもですが、美しい山を歩くこと自体が幸せですね。

こういう場所を後世まで守っていきたいと強く思いました。

 

イワナ釣りからのキノコ採取

大雨から二日経ち、本流はまだまだ激流。
でも沢は少しは落ち着いてきているだろうと、イワナを求めて山奥の沢へ。

 

水はかなり澄んできているけど、水量はまだまだ多い。
こりゃ気をつけながら釣らなきゃなあと気を引き締める。

 

雨の後だからか、魚の反応は良好!

 

まずはちびイワナちゃん。

 

続いて、7寸ほどのイワナ

 

森が吸い込んだ雨があちこちから染み出し、なかなか幻想的な雰囲気。

 

本日1番の大物はこちら。28cm!でも痩せてる!

 

そして最後に本日もウスヒラタケに巡り合う!!

 

サルナシの花も咲き始め。

 

とても気持ちの良い1日でした。

今日も山の神に感謝。

 

夏のきのこ狩り その1

昨日、一昨日の大雨で、早川本流は濁流。
こりゃ、釣りは無理だなと早々に諦める。

 

でも、何かしたいなー、と思い、雨が降り、気温も暑くなったり寒くなったりを繰り返し、もしかしたらキノコが出ているかも、とダメもとでモクと一緒に標高1500mぐらいの山へ向かう。

 

歩き始めて10分ほどで、いきなり椎茸を発見!

お、こりゃ期待が持てる!!

 

しばらく山を彷徨っていると、倒木に生えるウスヒラタケを発見!

 

ここにも!

 

ここにも!

 

ここにも!!(決してモクが見つけてくれた訳ではありません)

 

そんなこんなで、ビニール袋2つ、ウスヒラタケが採れました。(椎茸は最初の一つのみ)


状態が良くて大きいのは天ぷらに。その他は水煮して冷凍保存。秋のキノコ蕎麦の具となる予定です。

BBQグリルとウッドデッキのペンキ塗り

昨日の大雨が嘘のように、本日は雲一つない快晴。気温もぐんぐん上昇!
ご宿泊のお客様も、そろそろ外でBBQしたり、ウッドデッキで涼んだりしたいですよねー。

ということで、ご宿泊のお客様がいらっしゃらない本日は、ちょっと前、いや結構前から気になっていた山荘のウッドデッキと中庭のBBQグリルのペンキ塗りに精を出しました。

 

暑い中の作業でしたが、暑いのでペンキもすぐ乾いてありがたい。すっかり綺麗になって、これで屋外でも気持ちよく過ごしていただけるはず。


気になっていたことが一つ終わり、こちらは心も晴れやか。これで明日からの営業も頑張れそう。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

山菜採りからの、ミツバチの分蜂

定休日の本日も、朝から山菜採り。
沢沿いを歩き、ミズ、イワタバコなどをせっせと採取。

 

すると1時間ほどしたところで、師匠からミツバチが分蜂したとの連絡が!

山菜取りをさっさと切り上げ、預けておいた巣箱に入れてもらった蜂をいただきに。
その後、急いで家に戻って設置も無事完了。


先日いただいた群とあわせて、今年はふた群れ飼うことに。

まずは西之宮集落を気に入ってもらい、そして熊にやられず無事に秋を迎えて欲しい!