月夜見山荘/おすくにのブログ

南アルプスの麓、日本で最も人口が少ない町・山梨県早川町に移住して20年。地域の人たちから教わってきた山の暮らしの知恵や技術を継承するために、山の暮らしの豊かさを分かち合うるオーベルジュ(宿泊施設のある飲食店)を2019年1月に開設。このブログでは、私たちの暮らしぶりや四季折々の山の恵みを紹介していきます。

新しいそば打ち場ができました!

自宅の一角に、新しいそば打ち場を整備しました。

正面にはこの建物を守る美しい石垣、右手を望むと何度も足を運んだ御殿山が見えます。日々表情を変える御殿山を見ながら蕎麦が打てるなんて、なんて幸せ。良い気持ちで蕎麦を打てば、蕎麦も美味しくなるはず。

現在、めん類製造業の許可をとるべく申請中ですが、許可が下りたら生麺の店頭販売や宅配などが可能となります。

詳細は追ってご連絡いたします。
年越しそばに間に合うといいのですが…。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211127154044j:plain

 

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211127154058j:plain

 

キノコたくさん、秋のコース料理

様々なキノコが採れ始め、秋のコース料理もキノコ中心のメニューとなっております。

 

本日ご提供したお料理を一挙ご紹介。

 

一皿目は天然キノコの前菜。

ハナイグチ、ショウゲンジ、オオモミタケ、ブナハリタケ、ナラタケを様々な味付けで。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013122332j:plain

 

二皿目の秋ナスのイノシシ味噌田楽を挟んで三皿目は、アマゴの焚き火焼き。
栗と銀杏の素揚げと、師匠にいただいたマツタケを焼いてちょこっと添えてます。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013122719j:plain

 

四皿目は、秋の天ぷら

早川きのこ園さん自慢の、肉厚シイタケ、ヒラタケ、我が家で栽培を始めた原木マイタケが入ってます。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013122750j:plain

 

最後は、お約束。鹿肉のロースト。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013122924j:plain

 

締めのもりそば。

デザートはイチジクとアケビのシャーベットで終了。

 

美味しい秋の実りが次々と集まり、お料理を考えるのも作るのも楽しい季節です。

 

久しぶりの世界のそば料理コース

本日、久しぶりに世界のそば料理コースのご予約をいただきました。

 

今回、お出ししたのはこの8品。

 

チャオグーダ(中国雲南省
チャオグァォウ(中国雲南省
ディロ(ネパール)
スーティータン(モンゴル)
メミルムク(韓国)
カーシャ(ロシア)
ピッツォケリ(イタリア)
ズレバンカ(スロベニア

 

最初の2品は、そばの原産地と言われている中国雲南省の、韃靼そばを使ったメニュー。どちらも素朴な料理ですが、韃靼そばの苦味と唐辛子をベースにした薬味の相性が抜群。ハマります。

 

ディロは、日本でいうそばがき。
ダルスープやアチャールなど、スパイスの効いたおかずと一緒に食べます。

 

モンゴル、韓国など日本と近い国でも、日本とはかなり食べ方が違います。

 

写真は後半3つのヨーロッパのそば料理。
チーズやサワークリームを使った、ちょっとご馳走感のある一品です。

 

蕎麦とともに世界を巡る旅で、お腹も心もいっぱいになったかな。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013085942j:plain

カーシャ(ロシア)そば米と魚を使ったグラタンのような料理。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013090216j:plain

ピッツォケリ(イタリア)平打ちしたそばを使ったパスタ料理。
ニンニクとオリーブオイルの香りがたまりません。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013090654j:plain

ズレバンカ(ポーランド)そば粉の薄焼きといえばわかりやすいか。
見た目よりも軽くて、何枚でも食べてしまう。





 

キノコ狩り終盤戦

9月末で漁期が終わり、ようやくキノコに集中できると思ったら、キノコの時期も残すところ数週間。


ラストスパート、頑張らねば!

 

ということで、昨日は娘とモク(甲斐犬)と一緒に、低いところと高いところ、1日かけて山を2箇所はしごしてきました。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013095111j:plain

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013095108j:plain

 

まず低いところで採れたのはショウゲンジ


今日こそはマツタケも採れると期待していたのですが、またも空振り。
でも、ショウゲンジも美味しくどんな料理にもできる使い勝手の良いキノコなので、ありがたい。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013095047j:plain

 

続いてミズナラやブナが生い茂る高い山へ。

 

ちょと時期は遅いがマイタケがあるかもしれない!と期待していたのですが、あるのは足跡ばかり。結構、人が入ってますなあ。

 

でも、足元にも美味しいキノコがたくさん。

 

まずはアカモミタケ

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013095142j:plain

 

続いてナラタケ。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013095147j:plain

 

最後にクリタケ。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013095150j:plain

 

またまたエース級キノコには出会えませんでしたが(おきまりのフレーズ)、量もそこそこ採れたので、ほっと一安心。

 

秋晴れで、山の眺めも最高!
山に暮らしていてよかったと思うひととき。

とっても気持ちの良い山行となりました。
山の神様、今日もありがとうございました。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013095145j:plain

イワナの骨酒

昨日釣ったイワナを持ち帰り、
塩焼きにはちょっと小さいイワナを焼き枯らして骨酒に。


う〜ん、旨い!

 

来シーズンはこれをメニューに加えたい!練習!実験!味見!と言い聞かせ飲酒に励む夜。

 

なんて幸せな夜なんだろう。
田舎暮らしの特権かな。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013092132j:plain

 

今年最後の渓流釣り

今年の漁期も残すところあと3日。

今日は、キノコ狩りに行かないことに後ろめたさを感じつつも、娘と2人で今シーズン最後の渓流釣りに。

 

今日の狙いはイワナ
山を1時間歩いて入渓ポイントに到着。
この時期になると、森の木々も色づき始め、空気も水も冷たい。

 

そこから6時間、必死に釣り上がるもなかなか爆釣とはいかず。
今日は渋いなーと言いながら、7〜8寸のイワナをやっと10本でタイムオーバー。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013093604j:plain

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013093240j:plain


お魚さん、今年もありがとう。今年も無事でよかった。
そんなことを言いながら、竿をたたんでいると、上から釣り人らしき人影が。それも2人…。

 

なんと先行者がいたとはー(涙)。
そりゃあ釣れないはずだ!

 

と、自分の腕のなさを先行者のせいにして、今日の釣果を正当化。

 

さらに、釣りの途中、倒木に群生するナラタケを発見!
約3キロの大収穫となり、キノコ狩りに行かなかった後ろめたさも解消。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013093306j:plain


尺上には会えませんでしたが、魚にキノコに、楽しい釣り最終日となりました。


ちなみに、昨日は娘の20歳の誕生日。
そんな記念の日に父親と釣りに行ってくれるなんて、なんていい娘。
感謝です。

今日もキノコ狩り

先週に続き、山へキノコを探しに行ってきました。
今日は前回よりも少し高いところへ。

 

今年はキノコの調子がいいようで、わからないものも含めて、結構、キノコが生えてます。

 

今日も幸先よく、ハナイグチ、カワムラフウセンタケなどを採取。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013114514j:plain

 

しばらく歩くと、倒木に白いキノコがたくさん生えているのを発見!

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013114805j:plain

 

近づいて見てみると、ブナハリタケでしたー。

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013114842j:plain

これも独特の香りと、弾力のある食感がいいんですよねー。
たくさんとれるし、保存もしやすいし、嬉しいキノコです。

 

大きめの買い物袋に3袋。数日前の台風で、水を吸って重たくなっていて、帰りのリュックはずっしり。

 

今日はいい日になったなーと笑顔で山を下っていると、最後にこんなキノコに遭遇!

f:id:tsukuyomi_osukuni:20211013115115j:plain

 

オオワライタケ?
これを食べたらもっと笑顔になれたのかも。