月夜見山荘/おすくにのブログ

南アルプスの麓、日本で最も人口が少ない町・山梨県早川町に移住して20年。地域の人たちから教わってきた山の暮らしの知恵や技術を継承するために、山の暮らしの豊かさを分かち合うるオーベルジュ(宿泊施設のある飲食店)を2019年1月に開設。このブログでは、私たちの暮らしぶりや四季折々の山の恵みを紹介していきます。

ヤマカガシ

山荘の掃除をしていたら、娘の呼ぶ声が。

行ってみると大きなヤマカガシ。
全長2メートルに届きそうな大物。
太くてお腹もパンパン。

 

捕まえてはみたものの、さてどうしたものか。

 

SNSに投稿したら、焼いて食べたら美味しいとか、神様だから大事に扱った方が良い、とかいろんなご意見をいただき、余計に悩んでしまいます。

お客様にお出しするわけにも行かないですしね…。

 

田ゼリを採りに

今日は、初夏のはやかわ割子でご提供しているセリを採取しに、友人がやっている町内某所の田んぼへ。

 

田植え前の代かきで全滅したかに思えたセリですが、意外としぶとく、二週間もするとそれなりの大きさに復活!

 

2人で20分ほど作業して、袋いっぱいのセリを採らせてもらいました。

 

田んぼの少ない早川町内で田ゼリは貴重な存在ですが、田んぼをやっている友達は、稲の邪魔になるのでどんどん採ってほしいとのこと。お互いの利害が一致して、自由に採らせてもらっています。ありがたい限りです。

源流釣行 〜2022年その1〜

ゴールデンウィークが終わってからというもの雨の日が多く、今年はなかなか釣りに行けいませんでしたが、今週は定休日と晴天が運良く重なり、イワナに会いに山奥へ。


ちょっと寝坊して8時ぐらいに家を出発。
寝ぼけていたのか道に迷い、思い荷物を背負ったまま3時間近く山の中を彷徨い体力と時間を無駄に消耗。入渓ポイントについたのはなんとお昼前。とほほ…。

今日は泊まりなので焦らなくても大丈夫と自分に言い聞かせ、気分を入れ替え釣り上がる。

 

やはり源流は気持ちいいねー。最高です!

2時間程度の釣りでしたが、イワナもちゃんと顔を見せてくれました。

 

テン場を決めたら、まずは川でビールを冷やす。冷えるまでの間に、火を起こし、ツェルトを張り、イワナを捌く。

 

今日の夕食は、イワナの串焼き、あら汁にお刺身。
どれも最高です。あー幸せ。

最高の定休日になりました。
これでまた今週も頑張れる!自然に感謝ですね。


そうそう、帰る途中にクマに遭遇。
結構近い距離で焦りましたが、向こうから逃げてくれて助かりました。

 

クマ!巨体を揺らしながら、斜面をガンガン登って行きました。



新玉ねぎのポタージュ

本日のコース料理の一品。
我が家の畑で採れた新玉をポタージュに。

スプーンですくって一口。

あま〜い。
毎度のことですが、新玉ねぎの甘みに圧倒されます。

 

くくり罠に鹿がかかりました。

3月15日で猟期が終わるも、その後すぐに有害駆除の期間がスタート。

本日、一週間ほど前にかけたくくり罠に、メス鹿がかかりました。

山の恵みに感謝。

 

コシアブラ

今日は、コシアブラを採りに、娘とモクと山に行きました。

気温が上がったかと思ったら、急に寒くなったりで、芽の出具合も読みずらかったのですが、結果的にはドンピシャのタイミング。

いいコシアブラが採れました。
今日も山の恵みに感謝!

 

ワラビとコゴミの洋風ちらし寿司

山菜味くらべ御膳のスタートともに、季節のご飯も春らしいものにリニューアル。


この春は、ワラビとコゴミのピクルスがたっぷり入ったちらし寿司で行ってみたいと思います。

スパイス香る山菜を、にんじん、椎茸、錦糸卵の甘さが包み込み、木の芽の香りがより春を感じさせます。いい味に仕上がったと思います。山菜味くらべ御膳とともにぜひお召し上がりください。